歯科治療での麻酔

虫歯治療で誰もが最も苦手な事は、歯を削る時に生じる痛みです。歯を削っていくと神経が出てきますが、神経まで虫歯に侵されていると、排除しなければならなくなり、その時に生じる痛みは非常に不快に感じるので、少々の痛みでは歯科医院に通院しないという方も多くいます。 確かに、神経まで虫歯に侵されてしまっては、治療しなくてはなりませんので、痛みを我慢しなければなりません。

しかし、設備の整っている病院の場合、この痛みを感じることなく治療できます。それが歯科治療における麻酔です。 麻酔は局所麻酔と、笑気麻酔、電動麻酔、シリジェットなどがあります。 局所麻酔は、針があり、歯茎に直接注射して麻酔が浸透するまで放置になります。やはり麻酔を注射する時には痛みを生じます。 笑気麻酔は、吸引式の麻酔薬であり、麻酔を吸い込むことにより痛みを感じることなく安心して治療を受けることが出来ます。

電動麻酔は、電動ポンプによって麻酔を体内に送り、痛みを感じないようにできる器具です。シリジェットは、針の無い注射器で、歯に直接麻酔を掛けますが、高圧力で麻酔を噴霧することにより、患部に浸透していきます。このように、痛みが苦手な方や、嫌いな方に対しても最先端の医療器具により、どなたでも安心して歯科治療を受けられるようになっています。